地中海式食事法は長寿食になるのか

ダイエット

地中海式食事法

 

海外では、様々な研究から、地中化式の食事が健康長寿の食事として推奨されています。

ある研究では、ほぼすべてのガンに地中海式の食事法が予防効果があるという結果を

発表しています。

 

地中海式の食事とは、オリーブオイルを含む植物性食品、チーズヨーグルトなどの

乳製品、新鮮な魚介類から構成された、ギリシャ、南イタリアの伝統的な食事のことです。

 

1960年代に、こお経済的に貧しい地域では、心臓病、ガンが少なく、平均寿命、健康寿命が

世界最高であったために注目されました。

特に、ジャンクフードが多く、メタボの第一人国といえるアメリカで地中海式食事法は

研究されました。

 

その結果による地中化式食事とは

次のようなものです。

地中海式ダイエットで注目きれた、オリーブ油とオレイン酸

1960年代に世界各国の食生活と疾病に関する調査が行なわれた際に、南イタリアを中心と

する地中海沿岸地方では、他のヨーロッパの国々にくらべて心臓疾患による死亡率が低いこと

がわかりました。食生活をくらべてみると、この地域ではパスタなどの穀類の 摂取量が多く、

魚介、野菜、豆、果物などを豊富にとっています。油脂ではオリーブ油の使用が目立ちました。

まわりの国々にくらべて肉やバターの摂取が少なく、むしろ日本の食生活に近い摂取バランスで

あることがわかりました。豚肉や動物性脂肪を多くとっている北イタリアでは、心臓病、大腸がん

が多いことから、明らかに食生活の違いが健康度に関わっているといえます。

 

オリーブオイルをたくさん使うといえば速水もこみちさんの『MOCO’Sキッチン』を思い出しますね。

この速水もこみちさんの料理コーナーではオリーブオイルを大量に使いすぎて、視聴者から苦情がでたほど
だそうです。

●オリーブオイルの成分

オリーブオイルを知る上で最も重要なポイントはオレイン酸です。
オレイン酸はオリーブオイル中の脂肪酸の約70~80%を占めています。

●オレイン酸の作用

・血中コレステロールを滅らす。

・胃酸の分泌を調整する。

・腸を滑らかにし、腸の運動を高める。

●オレイン酸がおすすめな人

・血中コレステロール、中性脂肪が高めの人。

・胃酸の分泌の多い人。

・肉類や加工食品を多く食べる人。

 

オリーブオイル効能

●悪玉コレステロール(低比重リポタンパク質)だけを低下させる働きがあり、胃酸分泌を調節し、腸の働きを活発にします。
オレイン酸はとりすぎても体に無害とされていますが、カロリーは他の油と同じため、摂取のしすぎには注意が必要です。

●「地中海式ダイエット」で注目きれた、オリーブ油とオレイン酸
1960年代に世界各国の食生活と疾病に関する調査が行なわれた際に、南イタリアを中心とする地中海沿岸地方では、
他のヨーロッパの国々にくらべて心臓疾患による死亡率が低いことがわかりました。

食生活をくらべてみると、この地域ではパスタなどの穀類の 摂取量が多く、魚介、野菜、豆、果物などを豊富にとっています。
油脂ではオリーブ油の使用が目立ちました。

オリーブ油はオレイン酸の含有量が70%以上で単価脂肪酸の特徴である酸化されにくい油です。
体内で発がんの恐れのある過酸化脂質をつくりにくく、”リノール酸”や”α-リノレン酸”とは違って加熱による酸化の
心配もないので、加熱調理にも安心して使えます。

植物油のなかで最も消化吸収がよく、脂溶性ビタミンを含みます。脂肪酸、ミネラル、ビタミンと大きくは3種類の成分を含んで
いますが、脂肪酸の中でもオレイン酸の含有量はどの植物油より豊富です。オイルが酸化すると体に有害な過酸化脂質となりますが、
オレイン酸は最も酸化しにくいオイルで、しかも脂質代謝(脂質をエネルギーに代える)、糖代謝を活性化させるので、
皮下脂肪の主成分である中性脂肪がつきにくくなり、整腸作用や胃健作用もあるので健康的に効果あるダイエットをするのに最適です。

体に不可欠な善玉コレステロール値を下げることなく悪玉コレステロール値だけを下げるという点でも、リノール酸など他の種類の
脂肪酸よりすぐれていることが調査により明らかになっています。

ミネラル成分について言えばカルシウム、鉄、カリウムなどを豊富に含みダイエットをしている女性に不足しがちな鉄分、カルシウム分
を補うのに役立ちます。さらに、オリーブオイルには、鉄分の吸収率を高めるのに不可欠なビタミンC、カルシウムの吸収率を高めるビタミンD
が多く含まれています。他にもビタミン成分が豊富に含まれていますが、特に注目すべきなのは、ビタミンE(トコフェロール)です。

これは抗酸化物質で老化や病気の元凶となる活性酸素を取り去る効果があります。

その他にも、やはり抗酸化物質であるポリフェノール、悪玉コレステロール値を下げるシクロアルテノール、便秘を解消する
植物繊維も含まれています。
上記の情報が示す通り、オリーブオイルはとても健康的で、高血圧、動脈硬化、脳梗塞、心臓病、糖尿病、胃潰瘍、十二指腸潰瘍の
治療、ガンや骨粗鬆症、貧血、むくみの予防にも効果的だと言われています。

オリーブオイルは、地中海沿岸では不老長寿の秘薬として古くから使用されており、現代、世界中で注目されている地中海式ダイエットの要を担っています。

オリーブオイルと他の油との比較

ただ油としてオリーブオイルが最高かというとそうではないと思います。

オリーブオイルはオメガ9と呼ばれる種類の油になります。

良い油とは

こちらでも説明している通り、油は安定性が高く、身体の炎症を招かないものが

よい油ですが、その観点からいくと、脂肪酸の分子の短い中鎖脂肪酸や魚油などのオメガ3の

油はすぐれた油といえます。

中鎖脂肪酸の油にはバターやココナツオイルがあります。

オメガ3の油は、シソ(えごま)油や青魚の油などです。

オメガ9のオリーブオイルははすぐれたオレイン酸を豊富に含むことと、熱に強いので

料理としては非常に使いやすいのがメリットですね。

 

Translate »