しみの原因と対策 抗酸化力

シミの原因

年齢を重ねたり、若くても顔にシミができて悩む人は多いですよね。

なぜシミができるのでしょうか?

いくつか原因がありますが、

1 加齢によって紫外線が要因になりシミができる。

これは老人性色班ともいいますが中年以降に増えるタイプのシミです。

紫外線を浴びることによって肌の再生能力が低下し、メラニンを排泄する力が弱くなりメラニンが沈着して

シミになっていきます。

2 ヤケドや化粧品かぶれなどによる肌の炎症が原因になるシミ

 

3 幼少期のいわゆるソバカス

幼少期から思春期に多くみられる

 

4 ホルモンバランスの乱れによるシミ

女性の場合、妊娠やピルの服用などによって、ホルモンバランスがくずれシミができる場合がある。

主に30.40代くらいに多く、左右対称なのが特徴。

 

シミはこのようなことが原因になっています。

 

自然に増えてくるシミは1の原因によるものですが、間接的には身体内に活性酸素が増えてくること、

ビタミンCの不足なども要因になります。

 

シミの対策

シミの食生活対策

加齢によるシミには、活性酸素の発生を防ぐことが一つの対策になりますので、

抗酸化食品である、リコピン、アスタキサンチン、ポリフェノールなどが豊富なものがいいでしょう。

例えば、トマト、ニンジン、玉ねぎ、ブロッコリー、りんご、キャベツ、セロリなどを摂るのがよいです。

これらの食材はほぼデトックススープとしてもいいものばかりなので、デトックススープにして食せば、

シミ対策とデトックスの一石二鳥になりますね。

 

シミの外用による対策

化粧品などでシミ対策をする場合は、ビタミンC入りの美白クリームなどがよいです。


 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

Translate »