良質な油とは? 中鎖脂肪酸・短鎖脂肪酸・オメガ3

よい油

よい油 よい脂肪酸とは?

 

脂肪は病気の原因であったり、ダイエットの大敵のように言われるけど、必ずしも悪いことばかりではないようです。

 

たとえば脳には多量の脂肪が含まれていて、よい脂肪をとることが脳には必要なことなのです。

 

脂肪とダイエットの関係はまた別に詳しく書こうと思いますが、

良質の脂肪についてお話ししますね。

飽和脂肪酸・中鎖脂肪酸

油、脂肪酸にもいろいろ種類があります。

ふだん食生活の中でも、サラダ油、オリーブ油、ごま油等いろんな油を使っていますし、

バターも脂肪酸です。

 

では体によい油(脂肪酸)とはどんなものかというと

1.酸化等の変化がしにくく安定していること。

2.脂肪の分子の長さが短い→短鎖脂肪酸や中鎖脂肪酸

 

酸化やサビに強い油が安定しているということですよね。

そういう意味で

一番安定しているのは飽和脂肪酸です。

では逆に安定していない油はというと、不飽和脂肪酸です。

 

不飽和脂肪酸は酸化しやすく、炎症性が高いのです。

 

不飽和脂肪酸の油には、オメガ3やオメガ6と呼ばれる油がありますが、

これらの不飽和脂肪酸もいくらか身体には必要です。

特に不飽和脂肪酸であってもオメガ3の油であるフィッシュオイルやしそ油などは抗炎症作用があり普段の食生活では不足しがちなので、積極的に摂ったほうがよいです。

 

しかしオメガ6の油のほうはいわゆるサラダオイルなどで、たいていの外食料理には多く使われて

おり、過剰な傾向がありますので摂りすぎに気をつけたほうがよいです。

 

それとオメガ9とよばれるオレイン酸などの油があります。
オリーブオイルがそうです。

このオレイン酸は、地中海式食事法の主役でありますし、いろいろなメリットがありますので
摂り入れたい油ですね。

オメガ3の油の中でもシソ油は非常にいい油ですが、熱に弱く、熱すると酸化してしまい
熱料理にはまず使えません。

その点、オレイン酸のオリーブオイルは熱しても大丈夫ですので、料理においては非常に活躍の場が
増えるわけです。

 

飽和脂肪酸

次に飽和脂肪酸は、分子が短い脂肪酸であり、短鎖脂肪酸や中鎖脂肪酸がそれにあたります。

こういった分子の短い飽和脂肪酸は、安定しており酸化しにくいのです。

どういった油があるかというと

中鎖脂肪酸の油にはバターやココナッツオイルがあります。

ココナッツオイルから抽出したMCTオイルならなおよいです。

MCTオイルは中鎖脂肪酸そのものです。

 

これらの中鎖脂肪酸は、体内に取り入れるとすぐにエネルギーになる特徴があります。

ですから、 MCTオイルとダイエットで述べたようにプチ断食の際にコーヒー等と一緒に朝に摂るべき脂肪酸になるのです。

とくにMCTオイルは、摂取するとすぐにケトン体に変換され脳が活動するエネルギーになるのです。

最近ではMCTオイルやMCTオイルパウダーも製品化されていて

気軽に使うこともできますよ!

避けるべき油

 

逆に避けるべき油は多価不飽和脂肪酸という種類です。

 

多価不飽和脂肪酸の油には、キャノーラ油、コーン油

ピーナッツ油、サフラワー油、大豆油、ひまわり油などの

一見、ヘルシーな感じがする油です。

オメガ6と呼ばれる油です。

 

これらの油は不安定で酸化しやすいのと

 

遺伝子組み換えされている可能性もあり、製造過程で有害な溶剤を使用している場合も

あるらしいです。

 

酸化しやすいというのがなぜいけないかというと酸化した油は体に炎症をおこしやすくし、

炎症は様々な病気の原因にもなるし、脳にも悪いです。

 

これらのオメガ6の油も少量は必要なのですが、普通の外食ではほとんど使われているので

不足することはまずありえません。

そんなわけで、食用油としては、家庭ではできるだけ避けて、オメガ3、オメガ9の油や中鎖脂肪酸を使うようにしたいですね。

 

 

 

Translate »